2018年07月27日

岡山豪雨災害救援ボランティア 活動報告4

<岡山豪雨災害救援ボランティア 活動報告4>


7月5日(木)から6日(金)にかけて西日本を中心とした豪雨災害の救援活動として、連合岡山は各構成組織・加盟組合協力のもと、連日50名規模でボランティア活動を実施しております。

7月21日(土)〜27日(金)は、下二万坪田地区を拠点にボランティア活動を実施し、家財の運び出しはほぼ完了したと認識しています。
来週以降は拠点地区を変え、真備町内で未だボランティアの手が入っていないお宅のお手伝いが出来るよう、ボランティアセンターと調整中です。

なお、台風12号が接近していることに伴い、倉敷市災害ボランティアセンターは、被災地域の住民の方々や、ボランティアの方々の安全を考え、28日(土)〜30日(月)の3日間のボランティア中心の判断をしました。岡山豪雨災害対策本部としても、倉敷市ボランティアセンターの判断を受け、30日(月)のボランティアを中止いたします。
31日(火)からのボランティア活動再開に向けて、今一度、この2週間の総括をおこない、災害支援活動を進めてまいります。

P1080980.JPG

P1090004.JPG

P1090310.JPG

P1090298.JPG

P1090455.JPG
posted by 連合岡山 at 00:00| 岡山豪雨災害対策本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする